福利厚生企業セルフマッサージ講習では「呼吸」が大切★

未分類

各企業様で

福利厚生を利用したセルフマッサージセミナーを

開催させて頂いておりますが

受講時に大切なことは

「深い呼吸」

です。



「深い呼吸」

とは一体どんな呼吸かと言いますと


「息を吐く時間が長い呼吸」

と言うことを指します。


現代人は

「浅く息を吸う」

ことは得意なのですが

「深く息を吸う、深く息を吐く」

ことはとても苦手な様です。


身体中の筋肉は

常に動脈から沢山の酸素・栄養を

もらっています。

細胞の代謝の際にも

酸素は欠かせないものとなります。

なので呼吸が浅いと

体が酸素不足、二酸化炭素過多な状態になり

体が酸性に傾き

体に老廃物がたまり

体が疲れやすくなる

という悪循環が起こります。


筋肉ほほぐし、リンパを流す

セルフマッサージを行なっている際も

常に深い呼吸を心がけ

筋肉に沢山の酸素を送り込んで

あげるイメージを持ち

マッサージをすると

効果はかなり高いものになるでしょう。


深い呼吸のやり方は

実際のセミナーの中で詳しくお話

させて頂いております。


では本日は

セルフマッサージの際は

「深い呼吸」が大切☆

というお話でした。


最後までご覧頂きありがとうございました。

未分類
midoをフォローする
PCワークで疲れた社員を元気に!!【眼精疲労&頭痛】で悩む社員さんを元気にして、業績アップ・離職率低下に繋げたい社長さんの為の福利厚企業【セルフマッサージセミナー】blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました